Arai Koh's Shogi Life

将棋ライター・アライコウのブログです。将棋について書いていきます。

折田翔吾アマ、プロ編入試験クラウドファンディングの目標額即達成!

先月に大きなニュースになりましたが、折田翔吾アマがこのたびプロ編入試験に挑むことになりました。 mainichi.jp プロ編入試験の受験料は50万円(税別)です。高いのではという声もありますが、5人のプロ棋士の対局料や諸々の費用を考えると、妥当な金額で…

将棋漫画『こんなレベルの低い将棋見たことがない!』第2巻が本日発売!

【前回の記事】『こんなレベルの低い将棋見たことがない!』第2巻の発売が決定! 待ちに待っていたこの作品が、ついに本日発売です。 【新刊】前作から内容もスケールもパワーアップ!底辺から将棋王を目指す実録コミックエッセイ・シーズン2 #電子書籍 限…

拙著『将棋番組が10倍楽しくなる本』は将棋文化検定のAコースでも少し役立ったようです

araishogi.hatenablog.com 今週の日曜日に将棋文化検定をAコースで受検しました。多忙だったこともありほとんど予習復習をしておらず、ぶっつけ本番という感じでしたので、2級合格もちょっと怪しいところです。 拙著『将棋番組が10倍楽しくなる本』は将棋の…

明日、第5回将棋文化検定を受検します

明日29日、関東と関西で第5回将棋文化検定が開催されます。 www.shogi.or.jp 前々から興味があったのですが、来年には将棋指導員の資格を取ろうと思っていることもあり、自分の将棋の知識がどれほど正しいか再確認する意味でも、受検しようと思いました。受…

天才とは何よりも量である。加藤一二三九段の詰将棋制作60年の集大成が刊行

詰将棋本は毎月さまざまなタイプのものが発売されていますが、ひときわ注目を浴びそうなのがこの本です。 トレカ付き予約、開始しました!『直感精読 加藤一二三の詰将棋』【予約限定トレカ&棋譜データ付き】加藤先生が19歳から79歳まで60年(!)にわたっ…

『サラの柔らかな香車』の橋本長道さんが新作将棋小説を連載!

将棋小説、漫画ほどではないですが近年いろいろな作品が出ていますね。 そして先日、新たな将棋小説が登場することが発表されました。 【おしらせ】9月20日発売の「yom yom」58号に橋本長道の新連載将棋小説「覇王の譜」第一回が掲載されます。C級2組の沼に…

『千里の棋譜』の新作がPlayStation4とNintendo Switch向けに発売決定!

先日から千葉の幕張メッセで東京ゲームショウ2019が開催されていますが、このたび将棋ファンも見逃せないニュースが届きました。 ファミ通さんより記事が出ました。千里の棋譜はプレイステーション4、Switch向けとしてリリース予定です。高橋道雄九段、香川…

陣屋カレー、一般客向けにも提供されるようになっていた

本日、第67期王座戦五番勝負の第1局が 神奈川県の老舗旅館「陣屋」で行われています。 タイトル戦では棋士が頼む食事が普段以上に注目されますが、今回の昼食に斎藤慎太郎王座、永瀬拓矢叡王が選んだのは、名物の「陣屋カレー」でした。 【第67期 #王座戦 五…

ついに実現した目標! 大平武洋六段が羽生善治九段に挑戦

決勝トーナメントが進行中の第27期銀河戦ですが、明日29日には羽生善治九段と大平武洋六段の対局の模様が放映されます。 【#銀河戦 決勝トーナメント1回戦】#羽生善治 九段 VS #大平武洋 六段第27期銀河戦決勝トーナメント1回戦、羽生九段VS大平六段戦は、本…

『泣き虫しょったんの奇跡』Blu-ray&DVDの発売日が決定!

【参考記事】出演俳優が逮捕……映画『泣き虫しょったんの奇跡』は無事にリリースできるのか 出演俳優の起こした不祥事により、Blu-ray&DVDの発売が延期されていた映画『泣き虫しょったんの奇跡』ですが、ついに発売日が決定したようです。 映画「泣き虫しょ…

『こんなレベルの低い将棋見たことがない!』第2巻の発売が決定!

【参考記事】第2巻を目指して! 『こんなレベルの低い将棋見たことがない!』がWeb掲載再開 大好評のWeb将棋漫画『こんなレベルの低い将棋見たことがない!』ですが、先日作者さんのTwitterでめでたく完結しました。 その⑧です。これで「こんなレベルの低い…

折田翔吾アマ、あと1勝でプロ編入試験へ!

【前回の記事】折田翔吾アマ、銀河戦決勝トーナメントに参戦! 初戦は佐藤天彦銀河と対決 銀河戦は決勝トーナメントが進行中ですが、来期の第28期の予選結果が発表されました。 www.shogi.or.jp 驚いたのは、この予選に折田翔吾アマが参加していたことです。…

最新将棋記事を世界へ発信したい! カロリーナ・ステチェンスカ女流1級の翻訳プロジェクト

超拡散希望、とのことなので、今回はこのツイートをご紹介します。 【超拡散希望!!】「最新将棋記事を世界へ発信!」カロリーナ先生(@oneye)より「翻訳プロジェクトチーム」を立ち上げたい!とのこと!そこで! ボランティア翻訳さん、大募集〜!「僕かカ…

「書く将」よ集え! 文春将棋主催・第1期“書く将棋”新人王戦

文藝春秋が運営している文春将棋が、このたび非常に面白いコンテストを開催すると発表しました。 そして、将棋コラムの原稿を募集します!プロアマ、老若男女を問いません。”書く将”(そして“描く将”も)勢のみなさんから、熱のこもった応募をお待ちしており…

折田翔吾アマ、銀河戦決勝トーナメントに参戦! 初戦は佐藤天彦銀河と対決

【前回の記事】折田翔吾アマ、ついに連勝ストップ。プロ編入試験への展望は アマチュアながらプロ相手に怒濤の7連勝を達成し、Aブロック最多連勝者として銀河戦決勝トーナメントへの出場を決めていた折田翔吾アマ。 いよいよ決勝トーナメントが開幕し、折田…

明治27年の棋書に「棒銀」の単語を確認できました

【前回の記事】江戸時代から「馬鹿銀」と言われていた棒銀戦法 前回の記事で、1909年(明治42年)の棋書に「棒銀」の単語が記述されているのを確認しましたが、またひとつ進展がありました。 国立国会図書館オンライン | National Diet Library Online 1894…

新作将棋小説『令和以来の天才』をLINEノベルで連載開始!

【前回の記事】【予告】新しい将棋小説をLINEノベルで連載します 先日予告したとおりですが、新作将棋小説『令和以来の天才』をLINEノベルで連載開始しました。 LINEノベルにて新作将棋小説『令和以来の天才』を連載開始しました! iPhoneの方は公式アプリか…

江戸時代から「馬鹿銀」と言われていた棒銀戦法

【前回の記事】「棒銀」という戦法名はいつから見られるようになったのか 棒銀という単語の初出はいつ頃なのか、というのを調べているわけですが、新しい史料に行き当たりました。 1909年(明治42年)に将棋新報社から刊行された『獨習速成 将棋定跡解 全』…

将棋アイドル佐藤希さんを支援しよう! 1stシングル『ダイレクト向かい飛車』製作プロジェクト

アマチュアの間でもいろいろな方法で将棋普及が行われていますが、今回ご紹介するのはこのプロジェクトです。 札幌を拠点に活動している将棋アイドル、佐藤希さん(@NozomiSato2)の1stシングル『ダイレクト向かい飛車』製作プロジェクト! 佐藤さんは現在23…

「棒銀」という戦法名はいつから見られるようになったのか

私が一番好きな戦法は棒銀です。加藤一二三九段の影響が大きく、相手が居飛車でも振り飛車でもよく使っています。 で、前々から気になっていたのですが、そもそも棒銀という戦法名はいつから見られるようになったのか……ということです。飛車先に銀を繰り出し…

【予告】新しい将棋小説をLINEノベルで連載します

5月に将棋ライターとして本格デビューした私ですが、以前から将棋小説も意欲的に執筆しており、個人出版と商業出版のどちらも経験してきました。 俺の棒銀と女王の穴熊〈1〉 作者: アライコウ 出版社/メーカー: アライクリエイト事務所 発売日: 2013/12/30 …

きっかけはひふみん! 将棋エッセイ『アラサー女が将棋始めてみた』

近年は将棋ファンの拡大が著しいですが、それに関するエッセイ等が各所で見られるようになりました。今回ご紹介するのは、出版社KKベストセラーズのnote公式アカウントで連載されている『アラサー女が将棋始めてみた』です。 アラサー女が将棋始めてみた - n…

先崎学九段の『うつ病九段』が漫画化

【参考記事】空前の売れ行きが予想される先崎学九段の新刊『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』 本日から文春オンラインにて、先崎学九段のノンフィクション『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』の漫画版が連載開始しました。 先崎学九…

将棋連盟は堀口一史座七段を全力で守るべき!

先日行われたC級1組順位戦の堀口一史座七段VS藤井聡太七段は、藤井七段が勝利しました。 【#順位戦 C級1組】●堀口一史座七段 VS ○藤井聡太七段第78期C級1組順位戦は藤井七段が47手で堀口七段に勝ちました。次戦は、藤井七段は金井恒太六段と、堀口七段は高橋…

将棋連盟は棋譜・局面図のネット上での扱いについて公式見解を示してほしい

ここ数日話題になっていますが、将棋連盟Liveアプリのアップデートが行われ、局面図ツイート機能が削除されました。 どういう機能かというと、当ブログでも先日こんな記事を書きました。 【参考記事】新たなる棒銀の使い手! 服部慎一郎三段が公式戦連勝 こ…

大人気ほのぼの将棋漫画『それでも歩は寄せてくる』発売前から重版決定!

【参考記事】山本崇一朗さんの将棋漫画『それでも歩は寄せてくる』が来週から連載開始! 現在、週刊少年マガジンで連載中の『それでも歩は寄せてくる』。いよいよ来週にコミックス第1巻が発売されるのですが、なんと発売前から重版が決定したそうです。 いよ…

『将棋番組が10倍楽しくなる本』が重版しました

先月に出版した、私の将棋ライターデビュー本『将棋番組が10倍楽しくなる本』ですが、このたび重版しました。 実は刊行直後から、重版するかもというお話は出版社から聞いていたのです。ホントにそうなったらいいなーと思っていましたが、実現してしまいまし…

新たな観る将本に注目! 『将棋「観る将になれるかな」会議』

先日、第31回将棋ペンクラブ大賞の最終選考候補作が発表されました。 将棋ペンクラブ大賞最終選考候補作(第31回) https://t.co/Gz0vLsyhE6 — 将棋ペンクラブログ (@shogipenclublog) 2019年6月16日 私は毎年、文芸部門に注目しているのですが、今回はそれ…

羽生善治九段と杉本昌隆八段、8年ぶりの対局へ

第45期棋王戦の挑戦者決定トーナメント表が発表されました。 第45期棋王戦挑戦者決定トーナメント/五番勝負 ご覧の通り、上り調子の若手、脂の乗った中堅、そしてトッププロがひしめきあう厳しいトーナメントですが、そんな中で数少ないベテランとして杉本…

将棋会館移転を機に、ぜひとも椅子対局を導入してほしい

既報の通り、老朽化問題を抱えていた将棋会館は、現在の千駄ヶ谷と同じ「千駄ヶ谷センタービル」への移転が決定しました。 www.sponichi.co.jp この建物を所有しているのが、棋聖戦と清麗戦のスポンサーをしている株式会社ヒューリックです。前々から建て替…