Arai Koh's Shogi Life

将棋ライター・アライコウのブログです。将棋について書いていきます。

藤井聡太七段の棋戦勝ち残り状況&今後の昇段パターンまとめ

記事作成日:2018/06/26 最新更新日:2018/09/17 この記事では藤井聡太七段が現在勝ち残っている棋戦と、今後の昇段パターンについてまとめています。状況に進展があれば更新していきます。※固定記事としてトップページの一番上に表示されるようにしています…

香川愛生女流三段、株式会社を設立していた

昨日23日の東京新聞、読書欄に香川愛生女流三段の記事が掲載されました。ウェブでも読めます。 www.tokyo-np.co.jp 先月に出版した『職業、女流棋士』が紹介されたのですが、それよりも驚いたのが、香川さんが起業していたということです。 今年、普及活動を…

6人目の中学生棋士誕生の可能性も! 最年少の上野裕寿さんが三段リーグに参戦

10月から開幕する第64回三段リーグの対戦表が発表になりました。 第64回奨励会三段リーグ戦 史上初の女性棋士を目指す西山朋佳さん、前回初参戦で藤井聡太七段と同学年である伊藤匠さん、先日も記事を書いた谷合廣紀さんと要チェックの人が目白押しですが、…

「三流は人の話を聞かない(以下略)」の調査の件、ほんの少し進展がありました

先日、ネット上に広まっている出典不明の「羽生善治語録」について取り上げました。 araishogi.hatenablog.com この件で疑問に思っている人はやはり多いようで、特にこちらの記事でとても詳しく調査されています。 羽生善治は「超一流は人の話を聞いて工夫す…

ソフト開発に書籍出版。最強頭脳集団・東京大学の将棋との関わり

先日、奨励会三段にして東大院生の谷合廣紀さんが出版デビューしたことを記事にしました。検索でこのページにやって来る人がずいぶん多く、注目されているようです。 araishogi.hatenablog.com さて、東大といえば大学将棋の強豪として以前から知られていま…

初級者から有段者までおすすめ! 『奇襲の王様 筋違い角のすべて』

奇襲戦法の一種に「筋違い角」というものがあります。 ▲7六歩、△3四歩となったら角交換し、即座に▲4五角と打ちます(初型の筋からずれるので筋違い角と言います)。この局面、後手は▲6三角成とされるわけにはいかないので、その地点を銀か金で守ることに…

奨励会三段の谷合廣紀さん、プログラミング系の技術書で出版デビュー

将棋関係者が出版するケースと言えば、もちろん将棋に関することです。戦術書や詰将棋、棋界にまつわるエッセイなどなど。しかしこのたび、ものすごく異色な出版デビューをした方が現れました。 Pythonで理解する統計解析の基礎 作者: 谷合廣紀,辻真吾 出版…

タイトルホルダーも撃破、佐藤和俊六段が現在絶好調

現在、佐藤和俊六段が絶好調です。 今年度成績は12勝2敗(記事執筆時点。未放映のテレビ対局を除く)と圧巻で、先日行われたC級2組順位戦にも勝利し、4戦全勝。そして銀河戦はベスト4に残っています。特にこの銀河戦の内容が素晴らしく、王将のタイトルホル…

相手を一番悔しがらせる? 『将棋・究極の勝ち方 入玉の極意』

藤井聡太七段の師匠として一般にも広く知れ渡るようになった杉本昌隆七段ですが、このたび意外な棋書を刊行されました。 将棋・究極の勝ち方 入玉の極意 (マイナビ将棋BOOKS) 作者: 杉本昌隆 出版社/メーカー: マイナビ出版 発売日: 2018/09/12 メディア: 単…

渡辺明棋王の『頭脳勝負』が文庫で再登場

Amazonで将棋本の新刊をチェックしていたら、なんだかすごいインパクトある表紙を見つけました。 増補 頭脳勝負 (ちくま文庫) 作者: 渡辺明 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2018/09/11 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 渡辺明棋王が2007年に…

人気上昇中の将棋漫画『リボーンの棋士』、コミック第1巻が今月末発売

将棋ブームが起こって以来、多くの将棋漫画が始まりましたが、中でも人気を集めていると思われるのが、週刊ビッグコミックスピリッツ連載の『リボーンの棋士』です。 bigcomicbros.net ウェブで一部が読めるのですが、指折りの面白さだと私も感じています。…