Arai Koh's Shogi Life

駆け出し将棋ライター・アライコウのブログです。将棋について書いていきます。

将棋ライトノベル『りゅうおうのおしごと!』で学ぶ英会話 ~第1巻~

スポンサードリンク

 2018年1月からのアニメ放映が決まった将棋ライトノベル『りゅうおうのおしごと!』。第7巻も同時期に発売されます。アニメ化でさらに部数を重ねることが予想されますね。ドラマCD付き限定特装版は、今のうちに予約をしておいたほうがいいでしょう。

りゅうおうのおしごと! 7 ドラマCD付き限定特装版 (GA文庫)

りゅうおうのおしごと! 7 ドラマCD付き限定特装版 (GA文庫)

 

 このライトノベルがすごい!第1位、将棋ペンクラブ大賞優秀賞など、ラノベファンにも将棋ファンにも受け入れられている本作ですが、このたび電子書籍ストアのBookWalker Global Storeにて英語版が発売されました。

The Ryuo’s Work is Never Done! Campaign | BOOK☆WALKER

 英題は"The Ryuo’s Work is Never Done!"。直訳すれば「りゅうおうのおしごとは決して終わらない!」でしょうか。"The Ryuo’s Work!"としなかったのは、単に日本語版ロゴとデザインを合わせるためかもしれません。
 ともあれ、この英語版とアニメがきっかけで、海外の将棋ファンがグッと増えることを期待したいものです。

 さて、英語ではあのセリフはどうなっているのだろうと気になったので私も購入してみました。その中からいくつかを抜粋してみようと思います。

「ししょうの玉……すっごく固い……」

 記念すべき書き出しの一行目は、こうなりました。

"Master … It's rock hard. …"

 将棋において玉が固いとは、つまり王様の守りが固いという意味です。しかし将棋とまったく関係ない、読者にあらぬ想像をさせるような一文にしたのが作者のテクニックなわけです。
 ここで"King"などという単語を使ってしまうと、このテクニックが意味をなさないわけですね。だからシンプルに"It's rock hard."となりました。

「オシッコォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォッ!!」

 主人公・九頭竜八一とその師匠、清滝鋼介九段の師弟対決。敗れた清滝九段が何をトチ狂ったか、将棋会館の窓から放尿しようとする騒ぎに。

"WIZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ!!"

 Wizはスラングで、おしっこの意味です。とても覚えやすいですね。

「ぶちころすぞわれ」

 ヒロインのひとり、空銀子が弟弟子の八一に「姉弟子って師匠にそっくりですよね」と言われたときのセリフ。

"Your head, on a pike."

 pikeは槍。頭がそれの上にあるということは……。心臓の弱い人は検索しないほうがいいでしょう。
 以後、銀子はことあるごとにこの物騒なセリフを吐くことになります。

「全裸!? 全裸の女がそこにいるの!?」

 押しかけ弟子のメインヒロイン、あい(9歳)が風呂場から出てきて、そこに銀子が現れる場面。ラノベのお約束ですね。

"Buck naked!! There's a naked girl in there?"

 Buck nakedで全裸。これも覚えやすいです。

「……ロリ王」

 これまた銀子のセリフ。「りゅうおうのおしごと!」は銀子ちゃんの毒舌を楽しむ作品でもあります。

"…… Loli king."

 そのまんまですね。

「どんなことでもします! ご飯も作ります! お掃除もお洗濯もします! し、師匠がお望みなら……えっちなことでも……」

 日本語ではずいぶんストレートですが……。

"I'll do anything you ask! I'll do the cooking! Cleaning and laundry too! A-and other things … if that's what Master wants …"

「えっちなこと」が「つまり師匠が望むこと」みたいな感じで、やや遠回しになってます。

「フッフッフ……それは世を忍ぶ仮の名。我が真名は別にある……ッ!」

 八一のライバル・神鍋歩夢六段の初登場シーン。

"Ha! Ha! Ha! … That name is just a mask that allows me to blend in with the outside world. My true name is something else entirely …!"

 厨二セリフを英語で言いたいときは、こんな感じで。

「神鍋? 強いよね。序盤、中盤、終盤、隙が無いと思うよ」

 将棋界ではあまりにも有名なフレーズ、パロディの名手である作者は当然のように第1巻に持ってきました。

"Kannabe? Oh, he's good. Early game, mid-game, late game, the guy's got them all covered."

 海外の将棋ファンと交流するとき、これを使いたいものです。

「クズロリ王……頓死すればいいのに……」

 またまた銀子登場。

"Kuzu Loli King … Couldn't you just die …"

 クズはそのまんま"Kuzu"になってますね。頓死は急死の意味ですが、将棋においては自分の王様の詰みを見逃して負けてしまうことをいいます。just dieとシンプルに訳したのは見事だと思います。

「師匠はすっごく上手に教えてくれるもん! いつも優しくて、でも激しくて、テクニックもスタミナも抜群で……はじめての時も二人で朝までずっとし続けたんやから!」

 あいの両親がやってきて、彼女は師匠について力説します。言うまでもありませんが、将棋の話です。

"Master is a great teacher! Always kind, but strict, with a great technique and stamina …… We kept going until morning the very first night!"

 上手に教えてくれる、はシンプルにグレートティーチャーでいいわけですね。

「あいさんを、俺にください!」

 あいを自分の弟子にすることを認めてくれるよう、彼女の両親に頼む八一。第1巻のクライマックスです。

"Please, give me Ai!"

 最後くらいは感動的なセリフで締めてみました。


 他にも面白いセリフがたくさんあります。電子書籍の発達のおかげで、英語でライトノベルを読むことも簡単になってきました。興味が沸いたなら、ぜひ購入してみてください。