Arai Koh's Shogi Life

将棋ライター・アライコウのブログです。将棋について書いていきます。

藤井聡太七段の棋戦勝ち残り状況&今後の昇段パターンまとめ

スポンサードリンク

記事作成日:2018/06/26 最新更新日:2019/9/9

 この記事では藤井聡太七段が現在勝ち残っている棋戦と、今後の昇段パターンについてまとめています。状況に進展があれば更新していきます。
※固定記事としてトップページの一番上に表示されるようにしています。

棋戦勝ち残り状況&順位戦の勝敗

竜王戦:決勝トーナメント敗退
順位戦C級1組・4勝0敗
叡王戦:七段戦予選敗退
王位戦予選7ブロック・初戦待ち
王座戦:挑戦者決定トーナメント敗退
棋王戦:予選敗退
王将戦挑戦者決定リーグ進出
ヒューリック杯棋聖戦二次予選進出

朝日杯将棋オープン戦前期優勝につき本戦から登場(2020年1月頃)
銀河戦:決勝トーナメント敗退
NHK杯本戦敗退

 順位戦はC級1組の4回戦で高橋道雄九段と対局、勝利しました。無傷の4連勝です。
 叡王戦は七段戦予選の初戦で村山慈明七段と対局、敗北しました。残念ながら初戦敗退です。
 王将戦は二次予選3ブロックの2回戦で、谷川浩司九段と対局、勝利しました。17歳での王将リーグ入りは、加藤一二三九段に次ぐ記録です。
 ヒューリック杯棋聖戦は一次予選ヘブロック決勝で、竹内雄悟五段と対局、勝利しました。これで二次予選進出です。

 銀河戦は決勝トーナメント1回戦で久保利明九段と対局、熱戦の末に敗北しました。
 NHK杯は2回戦で久保利明九段と対局、ここでも惜しくも敗れました。

今後の昇段パターン

八段に昇段するには?

 八段への昇段規定は以下のとおりです。

  • 竜王位1期獲得
  • 順位戦A級昇級
  • タイトル2期獲得
  • 七段昇段後公式戦190勝
藤井聡太語録 言葉から紐解く若き天才の思考術 (DIA Collection)

藤井聡太語録 言葉から紐解く若き天才の思考術 (DIA Collection)