Arai Koh's Shogi Life

将棋ライター・アライコウのブログです。将棋について書いていきます。

『サラの柔らかな香車』著者・橋本長道さんのコラムは将棋ファン必読

スポンサードリンク

 ここ数年で、将棋小説はずいぶんと数を増やしてきました。
 その隆盛のきっかけのひとつとも言える作品が、2011年に小説すばる新人賞を受賞した『サラの柔らかな香車』です。のちに将棋ペンクラブ大賞の文芸部門でも受賞するなど、ご存じの将棋ファンは少なくないかと思います。

サラの柔らかな香車 (集英社文庫)

サラの柔らかな香車 (集英社文庫)

 
サラは銀の涙を探しに (集英社文庫)

サラは銀の涙を探しに (集英社文庫)

 

 著者は橋本長道さん。1984年生まれの現在33歳。
 橋本さんは元奨励会員という経歴の持ち主で知られています。『サラの柔らかな香車』はのテーマは「天才」。異能を持つ天才少女を主人公とする物語ですが、彼女を見守る元プロ志望の青年は、明らかに橋本さん自身の投影です。
 プロを諦めた者から見た、将棋と天才の世界。それを非常に美しい筆致で書き上げたのがこの作品です。私も好きで、たびたび読み返しています。

 さて、橋本さんはつい先月にTwitterアカウントを開設したようです。そしてこのたび、今の藤井聡太ブームを目の当たりにした、彼自身の心情を綴ったコラムが公開されました。

 藤井五段について書かれたコラムはたくさんありますが、元奨励会員の作家によるものとなれば、まさに唯一無二です。その内容も切ない文章も、将棋ファンは必見と言えるでしょう。