Arai Koh's Shogi Life

駆け出し将棋ライター・アライコウのブログです。将棋について書いていきます。

知ってました? 北海道にもある将棋会館

スポンサードリンク

 藤井聡太七段の活躍により「名古屋にも将棋会館を!」という声が高まっています。愛知県の大村秀章知事、名古屋市の河村たかし市長は相当熱心なご様子で。

 田中寅彦九段もこの件でツイートされています。

 さて、将棋会館とは通常、東京の将棋会館と大阪の関西将棋会館を指します。
 しかしもうひとつ将棋会館と呼ばれるものがあるのをご存じでしょうか。北海道札幌市にある北海道将棋会館です。
 もともとは「一般社団法人北海道将棋連盟」が所有していた建物だったのですが、同連盟は2015年に解散、建物は日本将棋連盟に寄贈され、その運営は日本将棋連盟北海道支部連合会が行っていくことになりました。

 北海道将棋会館については、将棋連盟サイトにも紹介ページがあるのですが、住所と電話番号しか記載されていません。せめて写真の1枚や2枚くらい掲載してもらいたいものですが……。
 北海道支部連合会のサイトがありますので、こちらをご紹介しましょう。

日本将棋連盟北海道支部連合会 – Hokkaido Shogi Association

 同会館の現状については、こちらのブログ記事が詳しいです。

shogi.air-nifty.com

 プロの公式戦が行われることはありませんが、道内の将棋ファンが多く集まり、日々活気にあふれているようです。「大会予定」のページを見ても、何らかの大会がしょっちゅう行われていますね。北海道出身の棋士が顔を出されることもあるようで、野月浩貴八段は札幌中央支部の師範を務めています。

 名古屋の将棋会館は「本当に現実的な話だろうか?」というところからスタートしなければならないと思いますが、北海道将棋会館のように「第一にアマチュアが将棋を楽しめる場」として建てるというのも、有力なんじゃないかなと思います。