Arai Koh's Shogi Life

駆け出し将棋ライター・アライコウのブログです。将棋について書いていきます。

正規プロを目指す藤井奈々女流3級、試練の2年目は好調スタート

スポンサードリンク

 今年度から女流棋士規定が変更され、いわば仮免許である女流3級が今後はなくなるということを以前にも書きました。

女流棋士になるための規定、LPSAも将棋連盟と歩調を合わせる - Arai Koh's Shogi Life

 しかし現在女流3級の人は、それまでどおりの規定で正規プロを目指している最中です。そのうちのひとりが藤井奈々女流3級です。

www.shogi.or.jp

 藤井さんは京都府出身の20歳。女流3級となったのは2017年2月20日のことです。
 2年以内に規定の成績を挙げれば、晴れて女流2級となることができるのですが、2017年度は1勝もできずに終わるという、かなり厳しい状況となっていました。
 ところが今年度に入ってからは4戦して全勝と、それまでの遅れを取り戻すには十分な活躍をしています。特に倉敷藤花戦の2回戦で、現在女流王位戦にも挑戦している実力者・渡部愛女流二段から挙げた白星が光ります。これで強くないはずがありません。

 では、女流2級に上がるための昇段規定を見てみましょう。

  • YAMADA女流チャレンジ杯ベスト4
  • 1年間で参加公式棋戦数と同数の勝星を得る。
  • 2年間で参加公式棋戦数の4分の3以上の勝星を得る。
  • 「女流棋士昇段級規定」の女流1級に該当した場合。

 藤井さんは2番目を除くすべてで可能性があるわけですが、4番目の女流1級への条件をさらに見てみましょう。

  • マイナビ女子オープン本戦入り
  • 女流王座戦本戦入り
  • 女流名人予選決勝進出
  • 女流王位リーグ入り
  • 霧島酒造杯女流王将戦本戦入り
  • 倉敷藤花戦ベスト8
  • YAMADA女流チャレンジ杯決勝進出
  • 女流2級昇級後の対局で、年度成績指し分け以上(7勝以上)
  • 女流2級昇級後30勝

 藤井さんは現在女流王座戦の二次予選と、倉敷藤花戦の3回戦(ベスト16)に進出しています。日程的に一番早い昇級の可能性としては、このどちらかでの勝利ということになりそうです。次に近いのがYAMADA女流チャレンジ杯のベスト4、先頃五番勝負が終わったマイナビ女子オープンの予選は夏ですね。
 逆に言うとこれらを逃せば、かなり厳しくなります。「2年間で参加公式棋戦数の4分の3以上の勝星を得る」を満たす以外になくなりますが、具体的に計算すると、

参加公式棋戦数は7なので、2年間では14。その4分の3以上なので11。

 藤井さんは現在通算4勝しているので、あと7勝が必要です。トーナメントは負けたら終わりなので、1棋戦でも敗退すればそれだけチャンスがなくなってしまいます。

 しかし間違いなく実力はある人ですから、この厳しさも乗り越えてくれるのではないでしょうか。そしていずれは女流棋界にも藤井あり、をアピールしていただきたいところです。